おまとめローンを利用して借り換える時にはリスクを知っておくことが重要です

金利が安くなるからという理由で、詳しく知らないにも関わらずにおまとめローンを検討している人が少なくありません。改正貸金業法が完全施行されたことに伴い、年収の1/3以内に貸付総額が制限される総量規制が行われています。総量規制に掛かると、新規貸付が行えないわけですが、利息制限法の上限金利は貸付残高に応じて段階的な規制強化がされているので、おまとめローンの利用は債務者にとって一方的に有利な借り換えという理由から総量規制の例外とされているわけです。

おまとめローンが総量規制の例外であっても、借入残高が減るわけではなく、単なる借り換えに過ぎない状況です。金利が実質的に引き下げられるメリットがあるものの、おまとめローンを利用して借り換えた時には、おまとめローンを完済するまでの間は信販会社や消費者金融からの追加借入が出来なくなります。法的な規制ではなく、貸金業界の自主規制ですが、長い返済期間の間には急な出費に困ることもあるでしょう。新たな借入が出来なくてもどうにかなるように、おまとめローン利用中は、同時に20万円程度の貯蓄も行っておく必要があります。銀行カードローンは、適用されている法律が異なるので、大きな利用限度額を確保出来れば実質的におまとめローンとしての利用が可能です。銀行カードローンへの借り換えであれば、追加融資が制限されないので、本当におまとめローンを利用すると得になるのかじっくり考えてから借り換えを行なう必要があるわけです。