おまとめローンでは元金返済回数の増加に注意しよう

改正貸金業法が完全施行された2010年以降、貸金業法に基づき貸付業務を行っている信販会社と消費者金融は、総量規制による貸付制限を受けています。年収の1/3以内に借入総額を抑える必要があるので、年収が高く支払いが可能であっても貸付制限をしなければならないジレンマが発生しているわけです。

しかし、おまとめローンを利用すれば、低金利な借り換えが可能となるので、総量規制の例外として認められています。おまとめローンへの借り換え前と同じ返済額を続ければ、返済額に含まれる元金自体が多くなるので、総返済回数と総利息の両方を減らせるでしょう。低金利だからという理由で、従来よりも返済額を減らしてしまうと、毎月の支払いは楽になりますが、完済に至るまでの返済回数が増えてしまいがちです。元金に対して金利は掛かり続けるので、総利息は支払い回数が増えると金利以上に大きくなってしまいがちです。

おまとめローンへの借り換えを行なうことで低下した金利分と、返済回数が増えることにより増える利息を比較する必要があります。分岐点となる返済回数を考えて、損をしないおまとめローンへの借り換えを行なうことが大切です。難しい計算をしたく無い場合には、借り換え前と同じ金額を返済すれば、元金支払額を増やせると覚えておくと良いでしょう。